ちびる殿下とチビリーナ姫+ガジラ

ゴージャスな毛皮をまとったお嬢様方と下僕ふたりのトホホな毎日。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

GW ①

そこそこ良い日和に恵まれたGW、皆様はいかがお過ごしされましたので
ございましょうか?
我が家は、連休前日の土曜日にライナの緊急入院という非常事態を
経験してしまいました。

5月2日(土)
お昼にコタローからのあが発作を起こしたとのメールが入ったのでございます。
幸いすぐに治まり通常状態に戻ったとのこと。
主治医の先生に連絡をとり、発作の薬を週2から週3に増やすよう指示を受け終了。
のあの発作は、最初の頃のようにずっと発作が治まらない状態なら
すぐにでも病院へ連れて行くべきですが、今は薬の量をコントロールしながら
出来るだけ減薬していきましょうと。。。

そこでね、仕事が終わったら直ぐに帰れば良かったんだけどね
半年振りの美容院へ行っちゃったのさ。
『はぁぁ~ スッキリした~
と、帰宅したのが8時前。
ライナを見たら、一見普通なんだけど、お腹の動きが早くて呼吸が荒いの。
一番に頭を過ったのは、肺水腫。
病院の受付時間は過ぎてるから電話は繋がらないけど
診察はまだ続いてる筈だから、おじじに直談判に行ってもらいながら(病院の近くに住んでる)
車で病院へ向かった。

聴診器当ててすぐ、レントゲン室に連れてかれて
そのまま酸素室で点滴。
短い前脚に刺さった点滴のチューブを噛もうとしてエリザベスさん装着。
肺の水を抜く為に、一晩入院することに。

ゴンの時にもした質問。
『夜はどなたかいらっしゃいますか?』
ゴンの時には人件費がどーのこーのという聞きたくないことまで聞かされたけど
今回は、『通常は無人なんですが、今晩は僕が看てます』
と言ってくださった。
すごく、ものすごくありがたかった。。。
何かお家のにおいの付いた物を、と言われ、車の補助席(ライナ用)に敷いてた
きったない座布団を預けた。
翌日には退院、とは言ってもらえなかった。
状態が良ければ帰してあげれますが、そうでなければ・・・と。
家族と離れて過ごしたことなどない。
せいぜいトリミングに出す数時間程度。
帰りの車中、コタローとの会話は
『絶対、怒り狂ってるで・・・』 だった。

翌日の夕方がものすごく待ち遠しかった。
スポンサーサイト

| ライナ | 23:37 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

血の気が引きます。
ライナちゃんどうなったかな。
夜、先生が付いていてくれてよかった。

| kazu | 2015/05/13 09:08 | URL | ≫ EDIT

☆kazuサマ

ご心配をお掛けし申し訳ないです…
翌日の夜には帰宅できましたが
状態は期待していたほど芳しくはないです。
でも、『元気なばーさん』復活を信じて
しばしライナと共に頑張っていこうと思っています。

| hiron | 2015/05/14 17:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT